新着情報

「デジタルの日」の趣旨に賛同し、正式参加

2021年10月08日

ソフトウェア受託開発事業を主に展開する株式会社 NICS(本社:岡山県玉野市、代表取締役社⾧ 山根慎一郎)は、
デジタル庁が 10 月 10 日・11 日に実施する「デジタルの日」(※1)の趣旨に賛同し、参加企業として正式参加しました。

当社では、デジタルの日の参加企業として、当社の取り扱う RPA のうち SynchRoid(※2)か Automation Anywhere(※3)の
2 種類の RPA から期間限定ライセンスを無償貸与します。(※SynchRoid は 90 日 Automation Anywhere は 30 日)
また、ロボット 1 つを無料作成します(※ロボット無料作成は岡山県内のみに限ります。)

■「デジタルの日」に賛同した背景
地方にはデジタルの普及が遅れている地域も存在します。
そこで、地方の中小企業である当社が「デジタルの日」に賛同することで、
地域社会のデジタル化が促進するきっかけとなればという思いで賛同いたしました。

■今後の展望
デジタルの日には、馴染みのないデジタルを知り、触れる機会を作る「♯デジタルを贈ろう」というテーマがあります。
他企業の皆さまに当社の取り組みをご利用いただき、都市部のみでなく、
地方でも業務のデジタル化が進むことを目指します。

(※1)デジタルの日
デジタルについて「振り返り」、「体験し」、「見直す」ための機会として、
内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室により創設された記念日。
(※2)SynchRoid
小規模な環境で導入が可能な RPA ツール。
(※3)Automation Anywhere
大規模・複雑な業務の自動化向けの RPA ツール。

※RPA…「ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation)」の略称。
パソコン上の操作を記録して、人の代わりに作業を行うソフトウェア型のロボット。

お問い合わせフォーム:https://www.nics.ne.jp/inquiry
「デジタルの日」ホームページ:https://digital-days.digital.go.jp/