Recruite
■ ホーム > 求人情報 > 教育プログラム
教育プログラムー新入社員教育
社会人としてのマナー・ビジネスマンの基礎教育からSE・プログラミングまで、 充実した新入社員教育で、優れた人材育成に努めています。





内 容 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
1.初期導入教育                      
2.ロジカルシンキング講習                      
3.外部新入社員研修                    
4.基本SE教育                    
5.社内教育          
6.外部新入社員フォローアップ研修                      

1.初期導入教育

一方的な講話教育でなく、自分の考えで回答する形式、記述形式、文章作成・演習中心に実施。
内容は「マナー編(基本・仕事・席次・言葉づかい・電話)、仕事の基本ルール、報連相、ビジネス用語、社内外文章等 ロジカルシンキング講習

2.外部新入社員研修

社外の研修機関を利用します。(off-JT教育)

[1日目]
オリエンテーション・社会人としてのスタート・社会人としての基本マナー・来客応対と訪問マナー(ロールプレイング)・ホスピタリティについて

[2日目]
仕事の進め方と職場生活・電話応対の基本(ロールプレイング)・マネー講座・ビジネスマンとして

3.基本SE教育

言語教育(Java、C言語 他)

4.社内教育

OJT教育

5.外部新入社員フォローアップ研修

  • 社外の研修機関を利用します。(off-JT教育)
  • 私たちの会社を取り巻く景気動向と各社の対応
  • 入社2ヵ月求められる基礎知識を実践しているか
  • 仕事上手の行動基本/「わかる」から「できる」レベルに入ったか
  • 「なすべきことを明確に」自己成長のシナリオを作る・若手社員交流会JT教育

ロジカルシンキング(論理的思考)は物事を筋道立てて、論理的に考える手法のことです。
ビジネスシーンを想定した演習を行い、整理、分析の強化を図ります。

ロジカルシンキング教育の実施

論理思考の必要性
ビジネスを取り巻く環境の変化に伴って、論理思考の必要性が近年増加しつつあります。特にビジネスの中核を担う人々にとっては、今や論理思考は必須要件です。
「結論」「根拠」「方法」のチェックポイントについて各ビジネスシンキングの手法を実習を交え学習

・手法
  1. 分ける
    情報のかたまりを何らかの基準で分ける
  2. MECE
    情報のかたまりを漏れなく重複なく分ける
  3. ロジックツリー
    MECEをもとに、複数の階層で情報を具体化する
  4. マトリックス
    複数の情報の位置関係をわかりやすく整理する
  5. 演繹法と帰納法
    仮説を作り上げていく際の論理的な筋道の形式
  6. 三角ロジック
    主張・事実・論拠を明確にする
  7. ディペート
    肯定と否定に分かれて議論し、その論理的優劣を競う

WBS 業務分解体系 各種例題により実習

プロジェクト全体を細かい作業に分解し、作業全体を把握することによって進捗管理・計画に関する精度を向上させる。
何をすることによって、目標を達成するのか。
要求を踏まえて、プロジェクト目標に関連付けられ、結果として、プロジェクト・ミッション・ステートメント、目的につなげられる。
教育プログラムー管理者教育
NICSの将来を担う、人材の育成に力を入れております。会社の中核となる管理者の育成は、企業が発展していく上で必要不可欠です。
管理者に求められる役割を理解し、管理者としての意識改革を図り、職場を活性化させております。




内 容 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
コーチング講習                  
外部教育担当者フォロー研修                    
 
コーチングという新たなスキル研修を取入れております。
コーチングとは対話によって対象者を勇気づけ、気づきを引出し、自発的行動を促すコミュニケーションスキルであり、コーチングを活用しております。 

 基 本

コーチングの根幹をなす基本的な考え方と全体像を把握・理解

 応 用

セッションを構成する3つのモードを学び「気づき」と「行動」に導くスキルを習得
ラポールモード → 安心感を築く
発見モード → 引き出すためのスキル
行動モード → 行動を促す   
  • 聴く自分を意識する
  • 引き出す、待つを意識する
  • コーチングを仕事に使う意識
  • 自分にコーチングする
  • 今日は昨日より成長したか

コーチングキーワード

認める/あいづち/リフレイン/ペーシング /接続詞/ラポールを意識/安心な環境かチェック/チャックダウン/目標を膨らませ